秋の釣り:池から川へ

2021/10/24

釣り

t f B! P L

下流の水門(堰)が開いて水が減った川へ、釣りに行ってきました。2時間の釣行でオイカワがツ抜けしました。


飛び石伝いに水際へ(水深5cm)

この場所で夏場の川幅は100mを超えます(対岸の岸もすべて水没)。水門が開いた今は、それでも50m近くあります。砂州はまだ水気が多く乾いていないので、気を付けないと足が埋まります。乾いている場所を探して、今日は一ヵ所エントリできました。

タックルはULロッドにベイトキャストリール、オモリウキに師匠謹製のクロスオーストリッチ(#18)を0.6号のリーダで結んでいます。オモリウキは中通しタイプ(6.5g)です。


本日の当たりフライ

婚姻色は消えてますが、きれいなオイカワが釣れました。


とてもきれいな魚体

小さな魚体ですがなかなかのファイターで、水から上げてもパシャパシャと跳ね回ります。師匠のブログで分ってはいましたが、まさにその通りでした。


とにかく暴れ続ける

川の中央部へダウンクロスにキャストして、スラッグを出さないつもりでゆっくりリトリーブすると喰ってきます。対岸でも跳ねてますが、これは遠くて届きません。フッキングはさまざまですが、いずれも「ピシャッ」と勢い良く喰ってきます。

今年は池ばかりだったので、川の釣りは、もしかしたら今日が初めてだったかもしれません。
これから寒くなると砂州が乾いてエントリできるポイントが増えます。タイイングの練習にオイカワ用のフライも巻いて、冬場の川の釣りが楽しみです。「ルアータックルのフライの釣り」フェーズ2に突入します!

QooQ